気になるマーケティングオートメーションの費用とは!?

マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションとは自社のソフトやシステムで管理をするのではなく、クラウド型にして解析や顧客管理、メール送信をまとめて行うサービスです。マーケティングを効率化させることができるので時間短縮と利益向上につながります。ワークフローを効率化させることで、メルマガの反響率を上げたり、営業にかける時間を増やすことができるなどのメリットがあります。ツール費用を最適化させることでコスト削減にもつながります。お客様の行動履歴からニーズを掘り出すことができるのでお客様にも会社にもメリットを生むマーケティングが可能になります。クラウド上でデータを操作することができるため、情報漏洩の危険性も避けることができます。お客様の購買行動に合わせて業務プロセスを構築するという利用方法もあり、顧客重視の会社に移行できるようになります。


マーケティングオートメーションの費用とは

マーケティングオートメーションが優れた機能であることは言うまでもありませんが、費用面での負担が気になるところです。特に初期費用が高額であれば導入しづらくなります。マーケティングオートメーションはもともとアメリカで開発された手法とシステムですので、日本版にふさわしいかどうかについても専門的な評価が必要になります。機能、サポート体制、費用を比較して自社のニーズに適したものを選ばなくてはなりません。潜在顧客を開拓する効果が期待できますので投資や費用対効果といった面も否定できません。メール配信ベンダーやセミナー管理ツールの開発会社、コンサル系のWEB制作会社が提供する商品がおすすめです。費用は導入、運用、定着支援まで含めて検討する必要があります。初期費用1万円、管理維持費用3万円程度の安いところもありますが、事業規模も考慮しなければなりません。