まだ導入してないの?!マーケティングオートメーションとは

BtoBからBtoCへ!マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーションとは、個々のマーケティング機能を1つにまとめたシステムを指します。もともとはBtoBにおいて開発され活用が広まったものでした。営業部門による商談に繋げるため、見込み客獲得(リードジェネレーション)や育成(リードナーチャリング)の段階を効率化する目的があったのです。近年マーケティングオートメーションは、BtoCへの応用が広がっています。コンバージョン率アップのため、個々のユーザーへのよりきめ細やかな対応が求められるOne to Oneの時代になってきている事が背景にあります。全ての見込み客に漏れなく対応することで、成約率アップを目指します。自動化された顧客管理によってアフターフォローも万全となり、顧客満足度を上げることが期待できるのです。


マーケティングオートメーションを成功に導くために

マーケティングオートメーションで大切なのは、ペルソナ作りとカスタマージャーニーマップ作りです。これらをもとに作られたシナリオの精度が低ければ、思うような成果を上げる事は出来ません。誰にいつ、どんな方法で何をするかを正確に定める必要があるのです。シナリオは一度で成功することはあまりなく、ブラッシュアップしながら精度を高めることが求められるでしょう。成功すれば高速PDCAが可能になり、収益率アップに繋がります。大切なのは既存の組織にシステムを合わせるのではなく、システムに合った組織を再編することです。マーケティングオートメーションの市場規模は拡大しており、特にクラウド型のシステムであれば比較的手軽に導入が可能なので、今後は大企業だけではなく中小の企業にも普及が進むことが予想されます。