気になる!マーケティングオートメーションのメリット、デメリット

マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーションとは、企業のマーケティングにおいて今まで手作業でしていたことを自動化することです。メールなどの定形的な業務や人手ではコストと手間が掛かる作業を自動化することで、効率を高めることを目的にしています。法人向けビジネスであるBtoBビジネスでは、新規顧客の開拓や既存顧客への販売は、営業を中心に行われていました。しかし、デジタルマーケティングにすることで商談のプロセスを自動化して売上向上とコスト削減を図ることができるようになったのです。その自動化において中心的な役割をするのがマーケティングオートメーションになります。特に、見込み客に対してのアプローチに活用でき、見込み客の育成や分類・管理に便利です。


マーケティングオートメーションのメリットとデメリット

マーケティングオートメーションのメリットは、作業の効率が上がることです。また、顧客リストや販売履歴などのデータを適切に管理することができます。今までのマーケティングは手作業でしていたことから、見込み顧客がいてもビジネスチャンスを逃していました。しかし、徹底的なリスト管理によって、見込み顧客や従来の顧客に適切なタイミングでアプローチすることが可能になったのです。よって、自動化によって効率が上がると共に、売上に貢献することができます。デメリットは、自動化できない作業もあることです。メールの配信やリード管理はできますが、コンテンツの作成やマーケティングの発案はすることができません。また、マーケティングオートメーションを始める時には費用が掛かります。しかし、手作業でしていた時のコストを考えれば、初期費用は安いものと考える企業が多いです。